除毛クリームは、どのような仕組みでむだ毛を処理していくのでしょうか?一般的なカミソリが表面に生えている毛を剃るのに対し、除毛クリームは皮膚の下の毛の根元まで浸透し、軟らかくして抜けやすくする仕組みを持っています。根元から毛を抜くことで毛穴に黒いものも残らず見た目も美しく仕上げてくれます。

まず、除毛クリームを十分に毛が隠れるくらいに塗ります。おおよそ10分ほどで毛が柔らかくなり抜けやすくなりますので、それからスッと拭き取ることで除毛ができるわけです。

それでは、なぜ除毛クリームを塗るだけで毛が抜けやすくなるのでしょうか?それは、除毛クリーム自体がアルカリ性を持つことが大きな理由になります。逆に人間の毛はタンパク質によってできていますから、アルカリ性によってタンパク質が壊れやすいと言う化学的な性質を利用して除毛促進をしているわけです。ただ、同時に人間の肌もタンパク質でできていますので、肌に直接塗るという化粧品の性質上、除毛処理後の肌に対するケアや保護は必要となってきます。

しかし、多く誤解されがちなのは、除毛しても永久的に毛が生えてこないわけでは決してありません。毛の根元が再生すれば、ムダ毛は成長してきますので、再度除毛処理が必要となってきます。

その他、ユーザーにはカミソリを不安で使うことができないと言う方も少なからず存在しますので、長期的に低コストで除毛を行っていく場合、除毛クリームは非常に心強い味方となってくれます。